千葉市政に経験・実力・政策を生かす 米持克彦

米持克彦
ご挨拶

私は経験、実績を生かし、真の大都市づくりをライフワークとしており、「千葉市の将来を語れるドブ板議員」を目指しております。最近は病院行政の充実及び早急な小中学校へのエアコン設置に力を入れています。

私は昭和57年に政令指定都市移行準備のため、指定都市準備室長として自治省(現総務省)より千葉市へ赴任してまいりました。爾来、政令指定都市にふさわしい大都市としての千葉市を実現すべく、市議会議員として努力を重ねております。

現在、我が国の政令指定都市は20都市となりました。北から、札幌市、仙台市、新潟市、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市です。まさに我が国は都市時代を迎え、各都市間の競争も激しくなっています。

私は、さらに真の大都市・政令指定都市を目指しながら、街の活性化や財源の充実を図り、少子高齢化に対応した医療行政の充実等福祉・健康都市の実現を目指しております。

米持克彦